イタリアでのCD録音とナクソス島のアリアドネ

June 15, 2018, 7:06 p.m.

345月と続いた本番ラッシュを終え、今はベルギーにいます :)

先週はイタリアにCD録音をしにいきました。

イタリアのレコード会社、Sheva CollectionsさんからCDを出さないかとお話を頂いたのがちょうど去年の10月。

そこから8ヶ月をかけてレコード会社社長のエルマンノさんと準備をしてきました。

CDのコンセプトを考えたとき、

好きな曲、歌いたい曲を並べたときにヴォカリーズが多いことに気づき、近・現代の声楽作品の特徴とも言えるヴォカリーズをテーマにすれば、自分の歌いたい曲且つ自分の声の得意な分野を発揮することが出来るかなと思い、ラヴェルやヴォーン・ウィリアムズ、ヴィラ=ロボスや日本の作曲家である薮田翔一さんの天女、早坂文雄さんのうぐいすを録音、そしてこのCDの為に清水一徹さんが書いてくださったNenia Iを録音しました。

委嘱作品はもう一つあり、フランス人の作曲家Nicolas Bacriさんが「オフィーリアの狂乱」を書いてくださいました。

人が狂乱に陥ったときの言葉というのはとても興味深く、この作品も最後はコロラトゥーラの技工たっぷりに割と古典的に狂乱していきます。

ニコラさんはフランス人ソプラノ、パトリシア・プティボンにも曲を書いており(大学生のときに彼女の来日公演のリサイタル行きました^^)、そんな方に曲を書いていただけるなんて最初は夢みたいでした。

楽譜が届き、あまりの難しさに一気に現実へ。

3ヶ月必死で練習して、録音一週間前のトライアウトではニコラさん自身とても満足していただけるところまでクラリネットの共演者と持っていくことができました。

CDの最後は師匠マリアンヌプッサーのお父様であるベルギーの作曲家、Henri Pousseurの歌曲集5つのため息を選びました。ベルギーで何度も歌ったとても大切な作品です。

この作品については、また次の記事で書きたいと思います。

今はベルギーで次の日本でのプロダクションの準備をしています。

ずばり!オペラ、ナクソス島のアリアドネです!!

自分がシュトラウス、しかもツェルビネッタという超難役を歌わせていただく日が来るとは思いもよりませんでした。

今回はVorspielだけですが、心からの歌と演技を探って日々奮闘中です。

カレンダーに詳細を載せましたので、ぜひお越しください!!

Tags: