イタリア演奏旅行 日本ベルギー友好150周年記念演奏会

Oct. 30, 2016, 6:56 a.m.

10月は本当に怒濤の月でございました。

昨日の日本ベルギー友好150周年記念演奏会、沢山のお客様に囲まれ無事に終演致しました。

御来場頂き、本当にありがとうございました。

実は10月19日~23日まで、同じく日本イタリア友好150周年の記念コンサートで、イタリアに演奏しに行っていました。 順を追って記事を書かせて頂きます。

☆イタリアコンサート

イタリアは10月21日にボローニャ楽器博物館、10月23日にファエンツァのセラミック博物館の日本展にて演奏をさせて頂きました。詩人藤富保男さんの詩に作曲家日野原秀彦さんが曲をつけた「箴言集とやさいたち」をイタリアのModern Sarti Ensembleの皆様とソロやアンサンブルで初演をさせて頂きました。

素晴らしい音楽家の皆様と、イタリアの音にのって本当にのびのび歌えました。歌っていないときには野菜に魂が込められ本当に新鮮な音楽というか、聞き惚れてしまいました。

イタリアのテレビでそのときの様子が放映されました! 後日リンクをはらせて頂きます。

個人的な歌の感想を書かせて頂くと、苦手だったHI-C以上の音、Hi-Cisが本番二回を通してとても良いポジションに決まったのがとても嬉しかった。

☆ベルギーコンサート

日本ベルギー友好150周年記念演奏会を虎ノ門JTアートホールアフィニスにて開催致しました。

本当に一からトリオで企画をしましたが、助成金の申請から作曲家の招待まで素晴らしいメンバーの知恵を借りて頑張りました。

公益財団法人ロームミュージックファンデーション様と公益財団法人朝日新聞文化財団様から助成を頂くことが出来、そのおかげで開催することが出来ました。

私たちのような若手の音楽家を信頼して助成を下さったこと、心から感謝致します。

演奏会当日はおそらく200近いお客様にお越しいただけて、暖かい雰囲気の中演奏をさせていただきました。

実は3~4日前に風邪を引いてしまい「これはやばいぞ!」と思っていたのですが、ドーピング(抗生物質)をして何とか当日には回復しました。プラス,10月始めに購入したパナソニックの持ち運び吸入器に本当に助けられました。

プログラム

J. B. ルイエ:ソナタ

Jean-Baptiste LOEILLET:Sonata

清水 一徹:Die Kontrafaktur (委嘱新作・初演)

Ittetsu SHIMIZU: Die Kontrafaktur (Premiere)

J. ジョンゲン:子守歌

Joseph JONGEN: Berceuse

山田 耕筰:からたちの花

Kósçak YAMADA: Karatachi no Hana

C. フランク:薔薇の結婚

César FRANCK: Le mariage des roses

C. フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 より第 3 楽章、第 4 楽章

César FRANCK: Sonata Pour Piano et Violon en La majeur - III, IV mov.

細川 俊夫:『3 つの愛の歌』より 第 2 番「思い出」

Toshio HOSOKAWA: 3 Love Songs – II. Memory

近江 典彦:色夢想 (委嘱新作・初演)

Norihiko OUMI: Rêverie sur les couleurs (Premiere)

武満 徹:小さな空 (編曲:近江典彦)

Toru TAKEMITSU: Small Sky (arr. by Norihiko OUMI)

C. ルドゥ: 3 つのさすらい (委嘱新作・初演)

Claude LEDOUX: Trois itinérances (Premiere)

私はルイエのサクソフォンソナタが大好きでいつまでも耳に残ってしまいます。

御来場いただいた皆様にベルギーの音楽が少しでも身近に感じていただけたら幸いです!!!

Tags: